オリジナル紙袋総合番付 > 紙袋横綱コラム

紙と印刷、知っておくと便利なこと

印刷というのは特殊な世界で、専門用語が沢山あります。例えば紙の厚さの表現で「90kg」「110kg」などとありますが、なぜ厚さがキログラム表記なのか?
これは斤量という単位で、原紙1,000枚の重さで表されているためです。重いほど、紙が厚いことになります。わかりにくいと思いますが、どっちみち、厚みが0.08mmとか、0.10mmと言われても感覚的にはわかりませんよね。
重さ表記だと、配送時に重さの目安にもなるという利便性もあるのです。ちなみに、プロは触っただけで正確に斤量を当てることができます。さて、素人にそんなことはどうでもいいのですが(笑)、ちょっとだけ知っておいた方が良いことがいくつかあります。

ほんの少し、知識を増やすのがおすすめのワケ

印刷内容によって印刷方法は変わります。例えば、グラデーションが入るならオフセット印刷、ベタならフレキソ印刷が得意です。また、それによって価格が大きく変わることがあります。
紙と印刷の知識が少しあると、「このデザインだからいくら」ではなく、「安くするためにこのデザインにしよう」と、逆の手順で考えることもできるのです。見積もりを取るまで予算感がわからないより、製作が同時進行できてスムーズ。
印刷技術は日々進歩しているので、今の技術でどんなことができるのか知っておくとデザインの可能性も広がります!特色のインクを使った表現、部分ニスなど、知識がないとできないデザインがあるのです。