オリジナル紙袋総合番付 > 紙袋横綱コラム > 表面処理で紙袋の印象は変わります

表面処理は最後のお化粧

表面処理とは、印刷の上から紙にフィルムや樹脂などで加工を施すこと。PPやニス引きは印刷面の保護になるため、ただ、紙の質感は損なわれてしまうので、和風のデザインの場合は光沢系のPPはおすすめしません。

PP(ラミネート)

ポリプロピレン製の透明なフィルムを、紙全体に圧着する方法です。水濡れと擦れ、特に破れにくさが格段にアップします。グロスタイプはギラギラとした光沢が、マットタイプはさらりとした手触りが特徴。
いずれも高級感がアップします。紙の風合いを残すために加工しないこともありますが、PPをかけても和風にしたいならマットPPがおすすめ。上品な艶消しなので和のデザインが損なわれません。

ニス引き

透明な樹脂液を紙に塗布してコーティングする方法です。破れ、擦れ、水濡れに強くなります。PPよりも強度は低いですが、穏やかな光沢が出るためこちらも人気。費用はPPより安いです。
部分的に塗ることができるので、ロゴだけ目立たせるなど、特殊な視覚効果を狙って使うこともあります。また、黒や紺など濃い色を印刷した場合に、擦れて色移りすることを避けるためにニス引き処理することがあります。万一を考えるとかけた方が安全です。

箔押し

メタリックフィルムを、部分的に貼付ける方法です。下地の色や模様に影響されず、そこだけ強調することができます。ロゴなどによく使われます。素材自体が高価なこと、箔押し部分以外は使われず破棄されることから、値段が高いです。
フィルムには様々な色があり、模様の入った変わり種のホログラム、虹彩を放つフィルムを扱っている業者もあります。

強度と高級感がアップします

これをすると実用的には強く、見た目は華やかになり、紙袋の価値がぐんと上がります!思わず保存したくなるような紙袋は、何らかの表面処理がされていることが多いです。
紙袋は捨てられるまでは広告の役目を果たします。そう考えると、紙袋にとって必要な寿命は、荷物を自宅に運ぶまでの時間だけでしょうか?もしかしたら、何ヶ月も持った方が良いかもしれませんね。よりロングライフな紙袋を作るなら、表面処理まで行うのがおすすめです。