オリジナル紙袋総合番付 > 掲載業者一覧口コミまとめ > くま袋

くま袋のご紹介

  • 公式サイト
  • http://www.fukuro-mart.net/
  • 電話番号
  • 096-368-8100
  • 住所
  • 熊本県上益城郡嘉島町下六嘉1765
お問合せページ画面

熊本県にある、紙袋専門の印刷会社。啓文社という会社が運営しています。2015年6月に「くま袋」としてオープンしたサイトですが、実は新参者ではありません。啓文社は1961年創業で、50年以上の歴史ある会社。
以前、ネット通販は「紙袋・手提げ袋ドットネット」というサイト名で運営されていましたが、リニューアルオープンしたようです。

くま袋の特徴

くま袋の強み 

中国工場も併用しているようですが、国内生産については印刷から組み立てまで、完全に自社内で製造しています。納期を長くとって割引するサービスを行っているので、おそらくそのぶんが中国生産となるのでしょう。
また、在庫の無料保管サービスがとてもいいです。二年間、無料で倉庫に預かってくれます。紙袋のカートン(納品時の箱)は、Mサイズの紙袋でも100枚入りでミカン箱くらいのサイズがあります。10,000枚製造したら、箱は100個!置き場所、ないですよね。

くま袋の紙袋が向いている業種

倉庫預かりが無料なので、大量生産する会社さんにはメリットが大きいでしょう。必要になった時は、電話一本で配送してもらえます。
その話と真逆なのですが、実は少ない枚数だけ必要な方にも最適。くま袋の最小ロットは100枚。100枚から、形状までオリジナルの紙袋をフルオーダーできる会社は、他にはありません!個人商店、学校などの団体、同人グループなどにもおすすめ。
薬袋、お守り袋などの変わった袋もあります。ピンポイントですが、薬局、神社仏閣にいいですね。

ここが決まり手!

やはり、自社製造している会社さんは大きな工場、倉庫を持っているため、受注だけとりまとめて製造を丸投げしている会社とはひと味違います。商品数も多いです。
別途費用が必要ですが、デザインの発注もできます。啓文社にはデザイナーが在籍しています。紙袋に長けたデザイナーって、探そうと思ってもなかなかいませんよね。素材のこと、過去の事例に精通しているでしょうから、低予算で面白いデザインを提案してくれます。

くま袋の口コミ

K.R(20歳) 大学生
初めての同人紙袋、作っちゃいました!いつもは本ができるのが超ギリギリなので、紙袋まで手が回りませんが、今回は優秀なスケジュール管理の元、表紙と同じデザインの紙袋ができました。やった~!!
送料無料だし、500枚で単価200円くらいでした。意外と安かったです。会場でもしっかり目立っていました。

O.Mさん(45歳) 商工会
商店街での町おこしイベントで、七夕の景品を配るために紙袋を作りました。それ自体が話題になるようにと、かなり派手なものを作りました。当日は、同じ色の目立つ紙袋を持った人がアーケードに溢れかえり、なかなか壮観でございました。
啓文社さんとは長い付き合いで、これまでにも何度か制作してもらっていますが、いつも丁寧に対応いただいています。とても信頼できる会社だと思っています。

Y.Tさん(40歳) 靴店
茶色のクラフト紙で、商品をお渡しする紙袋を作りました。一色印刷で、紙の紐にしたので、たぶん一番安い仕様なんじゃないかと思います。単価50円台でできました。とても安いと思います。このお値段は、他の業者さんと比べてもかなり安かったです。
消耗品なので、どんどん使い捨てられる価格でないと、小さいお店はやっていけません。とても助かりました。これからも継続してオーダーするつもりです。

スタンダードな商品を、適正価格で

くま袋のサイトを見ると、けっこう地味です。実直に、スタンダードなものをきちんとした価格で提供し続けているんだろうなあという感じがします。サイトではオーダーの場合の価格がすごくわかりにくいです。具体的な作例もありませんし、1色印刷の場合、4色印刷の場合、といった価格表もありません。
基本的に、見積もりをとらなければわかりません。ですが、クチコミを見る限り、価格は安めだと思います。特殊な紙袋を求めないなら、一度は検討の余地ありですね。