オリジナル紙袋総合番付 > 掲載業者一覧口コミまとめ > ヤマゲン

ヤマゲンのご紹介

  • 公式サイト
  • http://www.yamagen-net.com/
  • 電話番号
  • 0120-1185-78
  • 住所
  • 大阪市都島区中野町2-9-3
お問合せページ画面

大阪に本社のある、梱包資材メーカーです。創業60年以上の老舗。業界では知らない人がいない、超大手です。紙袋だけでなく、包装紙、米袋、紙箱、ポリ袋、オーガンジーの袋など、色々な商品を扱っています。フランス製包装紙の輸入も行っています。
うちわなどのノベルティもあるので、プロモーションの際に一括で色々お願いすることがあります。個人向けにも紙袋の受注を行っています。

ヤマゲンの特徴

ヤマゲンの強み 

歴史ある大手ならではの強みは、実績が豊富にあること。ネット通販の開始も早く、1997年にはサイトをオープンしています。2万件以上の企画提案をしているので、自分と同じ業種のライバル会社が、どんな紙袋を作ってきたかも教えてもらえるのではないでしょうか。
サイトは一見オシャレっぽくないのですが、実はデザイン性の高い袋物が沢山あります。例えば、デニム柄の宅配袋など。他にはない商品ですね。

ヤマゲンの紙袋が向いている業種

紙袋以外も検討している人に向いています。例えば、アパレルショップさんで、紙袋にしようか不織布バッグにしようか迷うとき、同時に見積もりをお願いすると比較しやすいです。
大量生産はもちろんのこと、少ない枚数が必要な会社さんにもおすすめです。既製品紙袋への印刷のみなら最小ロット100枚からオーダーできます。同人サークルさんがイベント用の紙袋を作るときにも、対応してくれます。

ここが決まり手!

ヤマゲンはネット通販専門ではないので、対面で相談したいという要望にも応えてくれるのがありがたいです。最近はネット通販のみという会社も増えているので、やはりメールや電話のやりとりだけでは提案力が弱いです。
その場で色々なサンプルを見せてもらって話をするのが一番早い。近い物を見つけて、ではこれを安くするためにはどうしたら良いか、というアドバイスをもらうと間違いありません。大阪本社のほか、東京に営業所もあります。

ヤマゲンの事例紹介

商品パッケージとお揃いで!
甘栗でしょうか。商品を直接入れる平袋と、持ち帰り用の紙袋を同じデザインで制作されています。形状が違うのと、紙袋には黒枠があるので二版になるとは思いますが、同じ会社で作ることができるのは、ヤマゲンさんならではです。
晒しクラフト紙が使われています。製造枚数や単価は不明。事例の紹介ページには番号が振られていて、それと同じ物を、と注文できるようになっています。

ヤマゲンの口コミ

M.R(36歳) 大学
学校説明会で使用する紙袋を制作しました。出来る限り安く作りたかったのですが、さすがに茶色のクラフト紙では大学の紙袋に見えません。白色で、コート紙の紙袋を提案いただきました。サンプルを見比べると、確かに提案頂いたものの方が良かったです。
低予算で何とかならないかとの、私の無理難題に、一生懸命応えていただきました。感謝しています。

K.Kさん(39歳) ガラス工芸
作品を入れる箱と、紙袋、両方を作ってもらいました。紙袋の会社は沢山ありますが、箱はどこで作ってもらえば良いのかわからなかったので、同時に解決できるこの会社にしました。入稿の手間が一回で済むし、連絡も一本なのでわかりやすかったです。
高級感のある外箱と紙袋のおかげで、作品まで価値が高まったような気がしています。

S.Eさん(28歳) 広告代理店
急に紙袋が必要になった時は、ヤマゲンさんにお願いしています。できるデザインは限られますが、本当に早いです。ロゴの箔押しや、一色印刷だけなら、入稿から一週間で納品してくれます。ここまで早い会社は、他にはないのではないでしょうか。
おかげで何度も危機を乗り越えています。これからも一緒にがんばりましょう^^

自社でできる。色々できる。

ヤマゲンは古い会社ですが、成長を続けている会社というイメージ。自社で様々な商品を開発しています。さすが、資材屋さんです。
環境対応素材も豊富。例えば、剥離紙を1/10しか使わないシール、廃材利用のヤシ製紙、ペットボトル再生繊維を使った紐など。こういった素材を使えば、会社のクリーンなイメージづくりに役立つでしょう。
商品が豊富なので、「もしかしたら紙袋より不織布バッグ方がいいかも」「不織布バッグより布バッグの方がいいかも」ということを提案してくれます。選択肢が多いのが魅力です。